オーストラリア留学 ・ワーキングホリデーならオーストラリア留学プロ

050-5850-5183
aus@ryugaku.pro

営業時間: 平日10:00~17:00

定休日: 土日祝

留学 vs ワーホリ


語学留学

はじめに

私立の語学学校なら最短1週間から最長1年までの留学が可能。語学学校以外には、大学付属の英語コース、TAFE/公立・私立カレッジの付属英語コースもあります。大学や公立・私立カレッジの付属英語コースは主にオーストラリアでの進学を希望する方向きとなっています。

英語力にもよりますが、まずは一般英語コースで、基礎的な力をつけ、英語力がついてくれば、ビジネス英語や英語の試験対策コース、ほかには児童英語教師を養成するコースや幼稚園ボランティアが行えるコースも受講できるようになります。

概要

語学学校

最短で1週間、最大で52週間から入学できます英語の「読む・書く・聞く・話す」を中心とした基礎英語コースで学ぶことがメインとなります。また他にも、語彙・発音等の科目やビジネス英語、試験対策などの科目が受講可能です。

勉強時間も、週に20時間以上のフルタイムか20時間以下のパートタイムと選べるので、自分の留学スタイルに合わせて選択できます。

クラスのレベルは基本的に、Elementary(初級)、Pre-intermediate(初中級)、 Intermediate(中級)、Upper-Intermediate(上中級)、 Advance(上級)の5段階となっており、自分の力にあった学習が行える環境です。英語力にもよりますが、まずは一般英語コースで、基礎的な力をつけ、英語力がついてくれば、ビジネス英語や英語の試験対策コース、ほかには児童英語教師を養成するコースや幼稚園ボランティアが行えるコースも受講できるようになります。

こんな方におすすめ

・英語力をアップしたい方

・一般英語以外にも英語力検定対策コースを受講したい方

・休学留学を検討している方

TAFE

オーストラリアの各州の政府が運営する職業訓練専門の教育機関です。また他にも私立の専門学校も存在します。特徴はコースの豊富さで、ビジネス、医療、ホスピタリティ、美容、科学/工学、芸術、航空学、建築、農業/海洋等があります。またTAFEのDiplomaやAdvance Diplomaを終了すると、大学の2年次への編入が認められる場合があります。

こんな方におすすめ

こんな方におすすめ

→英語力がある程度ある方

→英語で何かスキルを身につけたい方

学生ビザについて

学生ビザとはオーストラリア政府が認める教育機関(語学学校、TAFE、専門学校、大学等)で3ヶ月以上就学を予定している人のためのビザです

特徴

政府認定校のコースをフルタイム(週25時間以上)で受講することが条件となっている

週20時間までのパートタイムの就労が認められています

学校の入学許可証に示されたコース期間にプラスして前後1ヶ月の滞在が可能

一定の出席率と成績があれば現地でのビザの延長は何度でも可能

申請方法

オンラインもしくは書類申請

学校開始日の4ヶ月前申請可能ですが、入学許可証が必要です

料金

A$421(2014年時点)

詳しくは在日オーストラリア大使館(http://australia.or.jp/visa/immigration/student.php)で情報を確認してください

申請に当たってはすべて英語なので、何週間経っても連絡が来ない、不備が多くて返送されたという方もいらっしゃいます。再度申請には時間がかかるので当社でのビザ代行申請をおすすめします。



ワーキングホリデー

はじめに

ワーキングホリデーとは 

名前のとおり、海外で働く、旅行する、学ぶなどさまざまな体験が一度にできる制度のことです。

オーストラリアでのワーキングホリデーの特徴と言えばワーキングホリデービザが2回取れることです。1回目のワーキングホリデー滞在中に、2回目のビザ申請ができ、取得できれば合計2年間オーストラリアに滞在することができます。

日本人に人気の都市では仕事が多く、それほど高い英語力がなくても仕事が見つかりやすいでしょう。主に、飲食店での仕事ですが、ほかにも、ファームに住み込みの仕事や果物の収穫などもあります。

ワーキングホリデービザ

ワーキングホリデービザについて

12ヶ月間オーストラリアでの休暇とその間の資金を補うための一時的な労働を許可する制度を利用するためのビザです

特徴

最高12ヶ月まで滞在可能

ビザ有効期限内はオーストラリアへの出入国が何度も可能

就学/トレーニングが最高4ヶ月まで可能であり、就業は一雇用者で最大6ヶ月までとなっています

オーストラリアではセカンドワーキングホリデーのビザの取得が可能

対象年齢

18歳~30歳以下

申請方法

オンライン

申請料金

AUS$421(2014年時点)

セカンドワーキングホリデー

2005年度より、2度目のワーキングホリデービザの申請が可能となりました。

申請の条件

オーストラリア政府の指定する第一次産業で3ヶ月以上働いている事

ファーストワーキングホリデーとは異なり、オーストラリアからの申請も可能。また、オーストラリア国内で他のビザからの切り替え申請も行えます。


Copyright© オーストラリア留学 ・ワーキングホリデーならオーストラリア留学プロ , 2014 All Rights Reserved.